ラウリナポインテッド

コスタリカ・コフィアディベルサ
ラウリナポインテッド、またの名をブルボンポワントゥ

1860年代、ブルボン島(現レユニオン島)原産のブルボンから突然変異種

別名コフィア・ラウリナ。ティピカとコフィア・モーリティアナの自然交配から誕生した品種であるという説があります

 

樹高は低く葉は小型で幅が短く病気に弱いため、生産性はかなり低いです

 

ニューカレドニア島とレユニオン島にて栽培されていおり、その尖った形状から『ポインテッド・ブルボンまたはブルボン・ポワントゥ』とも呼ばれています

 

生豆は細長く小粒でカフェイン含有率は通常の豆の半分という珍種です

 

お取扱い豆

コフィアディベルサ・ラウリナポインテッド