テネリフェ島サンスーシ

ドイツの植物学者が手掛ける逸品!

スペイン最高峰テイデ山(3718m)の恩恵を受け豊かな大地に育まれたサンスーシコーヒーは、柔らかく上質な酸味とミルクティーのような甘さ、いつまでも続く余韻のある味わいです

大量生産では成し得ない最高品質コーヒーたる由縁がここにあります

原産国:カナリア諸島

生産地:テネリフェ島

品 種:ベネズエラ、キューバ

    コスタリカ、イエメン

    カーボベルデ(フォゴ島)

    メキシコ、パナマ(ボケテ)

    コナ、カナリア島

    ミュンヘンの植物園

標 高:-

規 格:-

精製法:ウォッシュド

収穫期:-

納入期:2018 

カナリア諸島テネリフェ島サンスーシ農園
農園主:アレクサンドラとピーター

¥5000/80g

スペイン領カナリア諸島州テネリフェ島のサンスーシ農園主はリタイアしたドイツ人の植物学者でドイツの大学を退官後、ドイツ人に人気が高いテネリフェ島に移住し、この農園を購入

 

農園ではコーヒーのほかに、ワイン用のブドウ、砂糖キビ、パッションフルーツ、カカオ他さまざまな作物を栽培している。サンスーシ(Sans Souci)は元々フランス語で「憂いなし」とか「気楽な」という意味

 

栽培されているコーヒーの品種はオーナーが各地から集めたもので、ベネズエラ、キューバ、コスタリカ、イエメン、カーボベルデ(フォゴ島)、メキシコ、パナマ(ボケテ)、コナ、カナリア島とミュンヘンの植物園にある古いコーヒーノキという超マニアックコーヒーです

テネリフェ島サンスーシ農園
農園から望むテイデ火山

カナリア諸島テネリフェ島は、グランカナリア島の左に位置する島で、カナリア諸島内最大の大きさを誇ります

 

8月でも気温は25℃という過ごしやすい環境で、1月でも18度前後と一年中過ごしやすい気候の為、大西洋のハワイ島と言われています

 

美しい自然が島中に溢れており、大西洋の島々の中で最高峰のテイデ山(3718m)がそびえています

カナリア諸島のお裾分け、テネリフェ・サンスーシのご紹介