珈琲螺房が考える珈琲の美味しさ

ものの美味しさというのは人の数だけ様々ですが、美味しさの本質というのは人体に必要な栄養素(5大栄養素)を指すのではないかと考えます

 

それは、舌に刺さる様な酸や刺々しい苦味等はなく、柔らかで味わい深く長い余韻が感じられるもので、誰が飲んでも美味しいものであると想定したコーヒー作りを取り組んでいます

苦くないコーヒー 美味しいコーヒー えぐみのないコーヒー

珈琲は苦いものという誤解

世の中に溢れている珈琲は焦がされた苦味を伴います

 

例えば、お酒やお茶は長い歴史の中で精製技術が養われている為、完成された物が普及しており、良質なものを求めれば手に入れる事ができます

 

しかしながら、こと珈琲に関しては、殆どの珈琲販売店が豆を焦がすという固定観念を逸脱できないまま珈琲豆は焦がされている為、上質なコーヒーと言われてもピンと来ません

焦がすコーヒー 焦がさないコーヒー

※上の写真の左が焦がした珈琲豆と右側が焦がさない珈琲豆です

   

一般的なコーヒーは焦がしてある為、苦味が感じられます 

そしてそれは深く焼く程苦くなります

 

写真左の豆の色を見れば分る事ですが、世の中に普及している殆どの珈琲豆はまるで焼き過ぎて真っ黒になった食パンのようです

 

食パンが真っ黒になったものを、良く焼けたと思う人はいないでしょう

大抵の人は、スプーンを手にその黒くなった部分をこそげ落とす努力を始めます

 

何故、珈琲豆だけはあんなにも黒くなっている物を焦げていると捉えないのでしょう?

 

挙句、牛乳を入れると美味しいと言います

 

もちろん、紅茶でも牛乳を組み合わせる場合はあります

しかし、それはそもそもそういう用途に加工してある、ないしそうせざるを得ない状態(品質)でしかありません

 

良質な紅茶には渋みがありません

 

珈琲であれ、お茶であれ、それぞれの状態によって使い方を変える必要があります

 

 

酸っぱい珈琲が苦手という誤解

酸っぱい珈琲が苦手と言われる方がみえます

 

そもそも人が生まれもって嫌う2種類の味があります

それは、「苦味」と「酸味」です

 

酸味に比べ、苦味は圧倒的に嫌う傾向にあります

人間は遺伝的に、苦みは毒を連想し、酸味は腐敗を連想させます

 

さて、酸っぱい珈琲ですが、世の中にある多くの酸っぱい珈琲は「えぐみ」から来る酸味です

えぐみとは、生豆が保有している水分を差します

それは、もちろん腐敗しています

 

その腐敗した味わいの舌に刺さる酸を珈琲の酸味と思い込んでいる方が多いですが、えぐみを取り除いた珈琲にはそういった酸味はなく、もっと柔らかで果物のような印象を持つ酸です

 

また、豆が保持しているフルーティーな酸味もありますが、酸味の少ない豆もあります

それは、深く焼いた事による酸味が軽減したのとは話が違います

 

例えば、当店で取り扱っております、ブルーマウンテンNo.1クライスデールは、非常に酸味の少ない珈琲の一つです

 

ブルーマウンテンNo.1クライスデール 苦くない

美味しい珈琲の淹れ方という誤解

巷では美味しい珈琲の淹れ方等と騒がれておりますが、そもそも美味しい淹れ方等ありません

正しくは、その豆にとっての適正な淹れ方です

 

ここを誤解してしまうと、世の中にある全ての珈琲豆を特定の方法で淹れてしまう事になります

 

珈琲豆というのは、焼き手によって状態が大きく異なります

例えば、一般的な珈琲豆は焦がしてあり、挽いた豆にお湯を注ぐとガスが発生します

そういう珈琲豆の淹れ方というものがあります

 

例えば、苦味の強い豆に対応する淹れ方というものがあります

 

例えば、えぐみの強い豆に対応する淹れ方というものがあります

 

例えば、焦がさない豆の淹れ方というものがあります

 

 

これらは、全てその豆の状態に応じて淹れ方が変わり、それぞれに推奨される淹れ方をする事で美味しくなるのではなく、不味くならないようにするという考え方が正しいです

 

そして、当方の最高品質珈琲の淹れ方はとてもシンプルです

例えばそれは、粉薬をお湯に溶かすような感覚です

但し、珈琲豆はお湯に溶けない為、ろ紙で濾す必要がある為、ペーパードリップを推奨しています

 

抽出の仕方の説明は、「焦がさない豆の淹れ方」にて参照して頂けますので、当店の珈琲豆をお求めの際ご参考にして下さい

 

コーヒーの入れ方 抽出 ペーパードリップ

最高品質珈琲とは

当店の最高品質珈琲の基準は、最高の条件(テロワール)で作られた珈琲豆にエネルギー(ミネラル)がみなぎる事によって出来上がった深い余韻のある珈琲を指します

 

その余韻はとても儚く、人によっては意識しなければ感じられないかもしれない程繊細ですが、喉の奥からにじみ出るような柔らかな美味しさを感じさせてくれます

 

その美味しさは、舌で味わうものではなく喉越しで感じ、それはあなたの体が感じる美味しさです

 

それは、例えば美味しい天然水を口にした時のような感覚です

 

そしてどんなに高品質の珈琲豆でも、その豆が焦げてしまっていてはその余韻は消失してしまい、ただ高いだけの苦い珈琲に成り下がります

 

焦げを雑味と捉え、コーヒー豆を焦がさず本来のコーヒー豆の味だけを抽出する事で、本当のコーヒー豆の品質が発揮されます

 

苦くないアイスコーヒー

※焦がさない珈琲は液体になっても黒くなりません

 

当店で販売しております、珈琲豆は価格の上昇に伴い余韻が強くなっていきます

それは、自然のチカラであり、ミネラルであり、体が美味しいと感じる「確かな美味しさ」です

 

最高品質珈琲豆各種 ←お取扱い商品閲覧頂けます