コーヒー · 23日 9月 2018
コーヒーのテイスティングをするのに、荒く挽いた豆を専用ガラスコップに入れてお湯を注いで、まず香りを確かめ、テイスティングスプーンで上澄みをすくい、口の中にコーヒー液が霧状になるよう、激しい音を立ててズズッ!と吸い込み、味を確認したら吐き出すという作業をしているそうですが、先天的な美味しさを確認するには、そもそも喉の感覚器官(味蕾)を通過させる必要があります また、誰がどのように焼いた豆か分からず、そしてそれが豆の持ち味を破綻させていたら、その作業事態あまり意味を成さないです 我々コーヒー屋が、豆の良し悪しを調べる方法は、普通に淹れて飲むだけです 飲むときの注意点は、香り、味、コクのそれぞれを別々に意識します 香りを感じる時は鼻に意識を集中させ、味を感じる時は舌に感じる刺激を意識し、コクを感じる時は喉に意識を集中させます 口に含んだ瞬間に全ての器官が作動しますので、何れか1つの器官に意識を集中させないと、全てがぼやけてしまいます 後は、淹れたて時、少し覚ました時、氷を入れて冷やした時の3段階で確認します それぞれの分野での比較(違い、強弱)をする場合は、2~3種類のコーヒーを飲み比べしています そして当店で最も重要視するのはコクの強さです

コーヒー · 22日 9月 2018
人の感じる美味しさには2種類あります 一つは、先天的な美味しさです これは、本能的に感じる美味しさとも言えます 例えば、運動した後のポカリスエットが異常に甘く感じる事や、海外旅行先の食事が薄味過ぎて、和食が恋しくなるように、体が不足を訴えた折に異常にそれらを欲し、いつもより美味しく(濃く)感じる事があります...
コーヒー · 21日 9月 2018
人間は時々食中毒にかかりますが、野生の動物達はそもそも食中毒を起こしません それは、彼らはいつも新鮮なものを口にしているからです さて、関市の山で猟師が捕ってきた獅子肉を食べさせてくれる焼肉屋さんがあります そこで出てくる獅子肉はとても新鮮で、臭みがなく、柔らかく、しっかり脂が乗っているのにさっぱりしていました...
ドモーリ クリオロ種
コーヒー · 18日 9月 2018
この2者は面白いくらいよく似ています 一般的に売られている大量生産されたコーヒー豆やカカオには、旨味がありません ですから、焦がして苦くします 日本人は横文字が大好きなので、それをビターだと言わせておけば納得します それでも無理な人達には、砂糖とミルクを加えれば、美味しいミルクチョコレートの完成です...

ジャマイカ ブルーマウンテンNo.1クライスデール
コーヒー · 18日 9月 2018
世の中に溢れるあらゆる飲食物には、味があります コクはあったりなかったりします カップラーメンの味は人が作れるものです コーヒーやお茶、牛乳等にあるコクを人は作れません 甘いだけの果物は人が作れる(加工、精製)できるものです コクのある果物は人には作れません それは、それぞれが自然に作り出すエネルギーです、ミネラルとも言います...

コーヒー · 16日 9月 2018
お茶にせよ、コーヒーにせよ、品質の高いものはコク(余韻)が強く感じられますが、そもそもそのコクを何故感じ、何故それが重要なのかです まず、味の違い(ボディ)というものは、それぞれの土地柄(主に土の影響)の違いで、個性とも言います...
コーヒー · 16日 9月 2018
コーヒー豆の味の違い、ここで言う味とはボディを差します オレンジのような~、とかレモンのような~とかです コーヒーの味の違いの主な理由は、豆の品種と土壌(各農園の作り方も踏まえて)と標高です 同じ品種でも全然味が違う豆は多く、当店で扱っておりますティピカ種は、面白いくらい生産地によって味が変わります...

インドネシア スマトラ島 アチェ コピムサン
コーヒー · 15日 9月 2018
植物が昼間光合成を行って酸素を排出する行為を同化と言い、夜(昼も)二酸化炭素を吐き出しているのを異化と言います その植物達は昼間は、二酸化炭素と水から炭水化物を作り続けます(炭酸同化) 炭水化物を作る上で重要なのは、日光と暖かさです コーヒーにせよ、お茶にせよ、寒暖の差が激しい標高の高い所で作られるものが美味しいと言われます...

台湾阿里山高山茶
お茶 · 15日 9月 2018
台湾茶は、1810年に中国福建省・アモイの商人が茶の苗木を伝えたと言われており、中国とは地理的にも気候的にも異なる島国特有の条件によって独自の進化を遂げました。 台湾のお茶と言えば、「凍頂烏龍茶」や台湾特有の製法でつくられている「東方美人」などが有名です。 緑茶=不発酵 烏龍茶=半発酵茶 紅茶=全発酵...

コーヒー · 14日 9月 2018
例えば大量生産するために、肥料を与え沢山実るよう品種改良し、なるべく早く収穫できるようにしていく事で、味もそっけもないコーヒー豆が出来上がります 世の中に溢れているコーヒー豆の多くはそういう著しく味やコクの弱いコーヒー豆です 結果、苦くして牛乳や砂糖でも入れないとどうしようもないもので溢れています...

さらに表示する