· 

最高品質珈琲の淹れ方その3

ドリッパーにペーパーフィルターをセットします

紙の匂いを取り除く為に湯通しします

※匂いが気にならない方は省略して構いません

湯通しで出たお湯をカップに移し、カップを温めます

何処にでもある瞬間湯沸し器を使ってペーパーフィルターに入れたコーヒー豆の粉末にかけていきますが、お湯の温度は100度です

 

分量が分かるように、計量カップや分量を把握できているコーヒーカップの上にドリッパーを乗せます

 

一気に注ぎ過ぎると薄くなってしまいますので、始めは粉を濡らす程度にかけます

 

粉にお湯を浸透させます

※蒸らしをするわけではないので5秒程度で良いです

ドリッパーの半量程までお湯を注ぎます

後は、分量のコーヒー液が出るまで何度かに分けて注ぎます

 

写真のように、コーヒーの粉が細かすぎてフィルターは目詰まりを起しますが特に問題はありません

 

 

必要量抽出します

勿体ないので最後までコーヒー液は出し切ります

 

当方のコーヒーは微粉まで美味しいので、全量出し切っても味には全く影響ありません

カップのお湯を捨ててから、カップに出来上がったコーヒーを注いて完成となります

当店のコーヒーはあらゆる雑味を取り除いている為、他の様々な雑味を拾います

 

 

プラスチックの匂いや陶器の成分等の雑味が移らないように、軽量カップはガラス製、コーヒーカップは磁器がお勧めです