· 

焙煎度合について

ネット販売しております当店のコーヒー豆について、焙煎度合の記載がなく何ローストなのかというご質問を頂きましたので、ご説明致します

当店のコーヒー豆は、「焦がす」という概念がありません

 

焙煎度とは、焼き加減であり、それらは主に焦がす前提の記載となっております

 

例えば、浅煎りと言いますが、凡そ日本中の浅煎りコーヒーは既に芳ばしくなっています

 

では、ライトローストやシナモンローストと言えば良いかというと、ネット等で検索すれば分かりますが、解説に問題があります

 

香りがない、コクがない、青臭い、酸味がきつい等書かれておりますが、それはその方がそのようにしか焼けないと宣言しているに過ぎません

 

にも関わらず、知らない方は「なるほどそういうものなのか」と誤解してしまいます

 

以上の理由から、当店のホームページや店内での豆の表記には焙煎度合を記載しておりません

 

そもそも焦がさないという目的で処理を行っており、ローストや焙煎という言葉もニュアンスが少しずれているように感じています

 

また、焙煎度等という概念がないので焙煎度を謳う理由もありません