· 

チャート(火打ち石)

かの大和尊も使用したという火打ち石ですが、放散虫等の殻が堆積して出来た非常に硬い岩石で、写真のものは七宗町の川原で拾ってきたものです

見た目からして鉄分が多く含まれているのが分かりますが、コーヒーやお茶に数秒浸すとコクが強く感じられるようになります

 

赤土の土壌で育つ野菜や果物が美味しいのは、それらのものに鉄分を多く含んだミネラルが移る為でしょう

 

地球上の生物は無機物を有機物へ変える事でエネルギーを生み出し、それらを補食した生物が有機物から無機物へと分解するという循環によって成り立っています

 

そしてその出発点となる無機物こそがミネラルであり岩石です

以前ご紹介した無名異焼きの器は、特にコクとボディが増加しますが、昔から土壌が及ぼす影響を人は知っていたのだと思います

 

現代社会では、とかく味の強いものばかりが溢れており、こうした微少な味の違いへの意識が薄れていますが、少し意識を集中すれば大抵誰でも感じられますので、そこいらに転がっている石で水質変化を楽しんでみるのも面白いと思います

※使用する際は綺麗に洗浄した後、しっかり煮沸してご使用下さい