· 

クオリティの低いコーヒー豆

例えば大量生産するために、肥料を与え沢山実るよう品種改良し、なるべく早く収穫できるようにしていく事で、味もそっけもないコーヒー豆が出来上がります

 

世の中に溢れているコーヒー豆の多くはそういう著しく味やコクの弱いコーヒー豆です

 

結果、苦くして牛乳や砂糖でも入れないとどうしようもないもので溢れています

 

最高品質コーヒー豆は、最高の立地条件で、大量生産せずに作られますので生産数は限られ、結果量産品とは比較にならない程の値段がつきます