· 

甘い=美味しい?

最近何でもかんでも甘くすればいいという風潮が強く、様々な果物がただただ甘いです

果物だけでは飽きたらず、今度は野菜まで甘くしようという試みが起きています

 

僕は基本的にどんなものも自然に育つものが最も美味しいと思っています

大体自然というのはいつも正しいですし、大体人間が行う事は間違いが多いです

 

人間様風情が自然にあるものをどうこうしてそれより凄いものを作る事なんてできませんし、そもそも人間は既にそこにあるものを加工するくらいしかできない生き物だという認識を持っていないと、おかしなことになっていきます

 

果物は自然に出来ていた時がきっと一番美味しいし、体に良いと思います

自然というのはそういう風にできているからです

自分たちの体にいいものを自力で精製しているのが自然のイキモノです

 

そしてそれはコーヒーも同じです

需要を満たす為大量生産し続けた結果、焦がさないと美味しくないコーヒー豆だらけになって、さもそれが当たり前のコーヒーみたいになっています

 

とは言え、全ての人々に本来あるべき自然のコーヒーを供給しようとしたら、一瞬で枯渇してしまいます

 

嗜好品と言われる由縁はそこにあります

 

そういう世界に進むのも一興です

進まないにしても、そういう世界がある事を知っておくもの一興かと思います