· 

コーヒーがお茶に劣る要素

とても単純な話ですが、一般的にコーヒーはお茶に比べて苦いです

お茶もピンキリですので、コーヒー程ではなくとも苦いものもあります

 

「苦い」は「苦しい」であり、「美味しい」ではありません

それは、単なる思い込みです

 

お茶の方が一般的に瑞々しく繊細な味わいなので、色々な物の影響について敏感になりますが、コーヒーは一般的に苦いので色々な物の影響について鈍感になります

 

例えば、お茶は使用する茶器で味が変わりますので、茶器選びは重要な要素となります

 

しかしながら、コーヒーに関して器具の材質がコーヒーに与える影響云々等という話は聞いたことがありません

 

恐らく、苦いコーヒーに器具の材質の影響などないと思い込んでいるのだと思います

 

しかしながら、そもそも本来コーヒーは苦くありません

 

まずはそこから人々の意識改革を行わなければ、お茶のレベルに追い付くことなどできません

 

 

コーヒーの美味しさのゴールは、お茶の世界と同じになっていきます

ある一定の品質を超える価格帯のコーヒーやお茶の価値基準は、味ではなく余韻です