· 

宝瓶を使ったお茶の淹れ方

予め申し上げますが、この淹れ方が絶対ではありません

 

他の淹れ方にせよ概ね同じ概念だと感じておりますが、この淹れ方は特に茶葉を痛めないという観念が強いので個人的に気に入っております

急須を使っても構いませんが、宝瓶の方が洗うのに楽で、早くお茶を出しきる事が出来るので時短にも良いです

ただ、取っ手がついていないので、火傷には十分注意して下さい

 

・用意する道具

①宝瓶 ②茶海(湯冷まし)③茶碗 ④やかん等

 

まず、お湯の温度ですが、日本茶やプーアル生茶等の発酵させていないお茶を淹れる際は、少し温度を低めにする事が茶葉を痛めにくくする上で有効です

 

80度から90度位を目安にすると良いと思います

温度が低ければ柔らかな味わいとなり、高ければしっかりとした味わいとなります

 

沸騰水を宝瓶と茶海に入れ、宝瓶を温め、茶海でお湯の温度を下げます

宝瓶のお湯を捨て、茶葉を宝瓶の容量の3~5%入れます(茶葉の種類、作りたい濃度によって調整してください)

 

茶海で冷ましたお湯を宝瓶に入れ、蓋をしてすぐに空の茶海に注ぎます

これによって、茶葉を温めお湯を浸透させる事で抽出準備が整います

 

茶海のお湯(薄いお茶)を茶碗へ移し、茶碗を温めます

 

空にした茶海にお湯を注ぎお湯の温度を下げ、再び宝瓶にお湯を投入、蓋をしてすぐに茶海に注ぎます

 

注:この時、しっかりとお茶を出しきって下さい

 

そして、続けてお茶を作らない場合は宝瓶の蓋を開けて茶葉を冷まします

後はこの繰り返しとなります

 

日本茶でしたら(茶葉の品質にもよりますが)5~6回繰り返し抽出する事ができます

濃度が薄くなって来たら、2度通しするないし、1分程度蒸らしを行うと良いでしょう

もちろん、その時がお茶を抽出する最後の段階となります

出がらしの茶葉は、出し醤油やポン酢をかけて食べるのも一興です

 

以上が煎茶を美味しく作る淹れ方になりますが、これは他のあらゆるお茶にも活用できる方法です

紅茶であれ、烏龍茶であれ、皆茶葉は茶葉です

発酵茶に関しては、お湯の温度を高めにする程度の違いはあれど、概ねこの淹れ方で美味しく作る事ができます

大変利に叶っており、素晴らしい淹れ方だと思います

 

コーヒーや紅茶より遥かに歴史の長い茶の世界というのは、既に全て完成しています

そして、こうした無駄のない作り方を行う所作はとても美しく見えるもので、これこそが作法なのではないでしょうか

また、この淹れ方を一つの基準として、お使いになられる茶葉の良し悪しや水の良し悪しを判断されるといいと思います

コーヒーもですが、確かな基準を設けないと、何が問題なのか分からなくなってしまいます